国土交通省 中部地方整備局 名古屋港湾空港技術調査事務所

既存土砂処分場の減容化技術・袋詰め被覆工法の開発

既存土砂処分場の減容化技術

~より効率的な土砂処分場の活用を目指して~

名古屋港をはじめ、中枢・中核港湾に入港する船は年々大型化しています。これらの船舶が安全に航行するためには航路・泊地の整備拡充が不可欠です。その一方で、浚渫による土砂が大量に発生し、処分場の残余年数が減少するとともに、処分地の確保が環境面で大きな課題となっています。こうしたなか、浚渫土砂の圧密沈下を促進し、より効率的に浚渫土砂処分場を活用するために開発された技術が「真空圧密工法」です。

「真空圧密工法」は、埋め立て地盤表面を気密シートなどで覆ったあと、真空ポンプで強制脱水を行い、地盤中の水や空気を吸い取る工法です。そうする事で内外の圧力差が生じ、大気圧による載荷が行われ、地盤の体積収縮を起こす技術です。

~効率的な減容化工法を確立~

名古屋港第2ポートアイランドでの現地試験では、2種類の真空圧密工法を実施しました。そのひとつは、表層部の粘土層を負圧シール層として利用し、圧密改良する「キャップ付き真空圧密工法」です。もうひとつは、負圧の維持に密封シートと水平排水材を用いた「密封シート圧密工法」で、両工法とも浚渫土砂の減容化に最も適していると判断されました。


キャップ付き真空圧密工法

キャップ付き鉛直ドレーンを利用した工法で、粘土層の上部を負圧シール層として利用し、その下の粘土層を圧密させる。

【施工方法】

  1. ドレーンの上端部にキャップと排水ホースを取り付けたドレーンを打設する。
  2. 地表面から出た排水ホースと集水管を連結する。
  3. 真空ポンプで地盤に含まれる水や空気を吸引し、負圧載荷する。

密封シート真空圧密工法

粘度から圧密された水を鉛直ドレーン、水平ドレーン、有孔集水管を経由して排出する工法で、負圧を維持するために載荷エリアを密封シートで被覆する。

【施工方法】

  1. 地盤に鉛直ドレーンを打設する。
  2. 水平ドレーンを敷設し、鉛直ドレーンと連結する。
  3. 密封シートで地盤を覆う。
  4. 真空ポンプで地盤に含まれる水や空気を吸引し、負圧載荷する。

袋詰め被覆工法の開発

袋詰め被覆工法とはナイロン等でできた袋状の網材の中に割栗石やコンクリート塊等の中詰め材を入れたものを、捨石マウンドの被覆材として用いる工法です。袋詰め材は、袋が変形する程度の余裕を持って中詰め材を詰めることにより、柔軟性を有した被覆材となり、袋詰め材を防波堤のマウンド被覆材として用いた場合、マウンドの均しが不要となるため建設コストの縮減を期待できます。
現在は波浪条件の厳しい港湾における袋詰め被覆工法の実用化を目指し、御前崎港で現地実証実験を行っています。