国土交通省 中部地方整備局 名古屋港湾空港技術調査事務所

環境実験施設(伊勢湾平面水槽)

環境実験施設の概要

環境実験施設(伊勢湾環境水槽)見取図


環境実験施設の役割

  • 伊勢湾の汚染拡散機構の解明
  • 将来の汚染の予測
  • 現地調査結果を受けて、潮流・汚濁拡散の様子を再現する
  • 将来の地形や負荷を与えて、潮流・汚濁拡散の変化を予測する

潮流実験

 地形の変化などで潮の流れがどのように変わるかを実験しています。伊勢湾の流況は、埋立てなどによる海岸線の変化や港湾構造物の設置に伴う地形変化、湾内へ流入する河川の流量変化などによって、その流向や流速が変わり、海洋の環境に変化を与えます。これらの問題に対処するため、模型上に実際の伊勢湾と同様な潮汐現象を再現して、さまざまな条件によって湾内の流況がどのように変化するかを調べます。

 伊勢湾平面水槽内に中部国際空港島の模型を設置し、空港島の建設が伊勢湾全体に環境に与える影響を把握する実験を行いました。人工的に潮汐を起こし、フロート(浮き)の動きを記録したり、木曽三川から蛍光染料を流し湾内に拡散する速度を計測しました。この実験は中部国際空港建設における環境アセスメント(環境影響評価)にも役立っています。

潮流実験(中部国際空港)

模型水槽

拡散実験

拡散実験

 伊勢湾・三河湾の中で汚れなどがどのように広がっていくかを実験しています。伊勢湾の汚染拡散機構の解明や、浄化対策の検討のために行ないます。河川流入地点や工場地帯などの各汚染源から蛍光染料を流し、その拡散状況を調べることで、地形変化などに伴う汚染の拡散状況を推察します。